未分類

なんにもできない!それもご愛敬

私の友人の話です。友人は世話焼きで、困った人を助けずにはいられない性格です。
そんな友人ですが、職場でなんにもできない男性に出会いました。
制服のアイロンが当てられない。ご飯を作ることができない。自分の家の掃除もできない。

しかし、やはり友人はそんな人を見放すわけにはいかないと思い、ご飯は毎日一緒に食べに行き、定期的に家の掃除をし、制服のアイロンは毎日当ててあげるようになりました。
そのうちに男性から何でもできることを認められ、告白されてしまったのです。
それから二人はお付き合いしたようですが、だんだん友人も疲れてきました。なぜなら、彼のことをするだけで1日が終わり、自分の自由が奪われてしまったからです。
その結果、分かれることを決意し、付き合って半年で破局となりました。

しかし、やはり友人の性格ですから、見放したことに後ろめたい気持ちがあったようです。
そして、分かれてから3ヶ月。彼の転職が決まったのですが、彼を支えられるのは自分しかいないと思い、一緒に転職し、結婚しました。
今は彼と友人との間に子供もでき、毎日楽しく暮らしているそうです。

先日の電話で、彼にも自分でできることは増えたのかを尋ねてみました。
すると、友人は「いやいや、ぜんぜんだよ。でもそれも愛嬌愛嬌」と明るく話してくれました。
やはり愛の力に勝てるものはないのですね。

マッチングアプリ 彼氏 続く