未分類

初恋は無残にも砕け散り、心の傷となる

私は大学一年生の時、入学してすぐに仲良くなった男子がいました。同級生で同い年だったのですが彼がお父さんが開業医で頭も良く、ルックスも良くてクラス中の女子から人気者でした。
人当たりも優しく文句のつけようがないような素敵な人だったのです。私たちはとっている授業が同じで毎日あっていて、頭脳明晰な彼に勉強を教えてもらいながら距離も縮まっていきました。

夏になると飲み会の機会も増え、いつしか二人っきりで会うようになりました。そして、お互いの家にも行くようになりついにお付き合いすることに。
私にとって初めての彼氏、恋人同士となると何事もドキドキ甘酸っぱく毎日が最高でした。
ところが、付き合って3ヶ月くらい経った頃、彼が地元の友達にだけ後悔しているSNSアカウントがあることが発覚します。
投稿内容は他県の女の子とデートしたりホテルに行っているという内容でした。

男友達がリークしたようなのですがすぐに私の耳にも入り、私は友人を介してチェックしつつも本人に問い詰めることができませんでした。
しかしある日「彼女です」と知らない女の子の写真が投稿されていて私は我慢の限界、爆発して彼を呼び出しました。ずっとアカウントを見ていたこと、写真の彼女とは誰なのかはっきりさせようと思ったのです。
残念ながら彼の口から具体的な回答は得られませんでしたが、あちこちに女の子をキープしているということがわかりました。
普段接している彼からはとても想像できず、投稿を見ても現実として受け入れることが困難でした。私も自惚れていたのかもしれません。

医者の息子でお金もあって羽振りが良く見た目も良くてモテるそんな彼が私ひとりのものになるはずがないのです。
関係を続けられるはずもなく間も無く破局しましたが、あまりのショックに体調を崩し、彼に会うのが嫌で授業にも出られない時期がありました。
教科書や資料を見ると優しい彼を思い出して泣いてしまうこともありました。その後彼は別の大学に編入してしまったので会うこともなくなりましたが、今思いだしても胸が痛みます。

既婚者の彼氏が離婚するには